移動費を抑えて観光にお金を回そう|格安バスの特徴を紹介

路線バスとは異なる発想

路線と貸切の良いとこ取り

乗り物

格安バスと言えば、過去の規制に縛られた概念では運行できなかったサービスです。路線バスという規定概念に囚われた運行形態の中で、規制緩和によってツアー客という、貸切バスの顧客の要素を取り入れた運行形態で、高速の格安バス運行が始まりました。通常路線バスは、市内・近郊路線にしろ、高速路線にしろ、定められた2地点間を定められたルートを使用して乗客の輸送を行うもので、運行ダイヤや停留所などもきちんと定められています。また、貸切運行の場合も、予約を受けた団体を乗客とすることを前提とし、事前に目的地と運行ルート、立ち寄り先等を申請し、それに従うことが義務付けられています。長距離格安バスは、その2つの利点を併せ持った仕組みで、バス会社が都市間のツアー旅行を販売し、そのツアーに参加した人を乗客としてツアーの目的地に輸送するという仕組みから始まりました。そのため、一般の高速路線バスという規制に縛られる事なく、運賃をツアー参加の代金として自由に設定できる事から、路線バスに比べて安価な運賃を設定でき、格安バスとして普及してきました。そうした格安バスは、様々な旅行のシーンで多く利用されています。特に注目されているのは、特定のルートで行なわれるキャンペーンです。キャンペーンの料金は通常料金よりさらに格安となっており、より快適な旅へと繋がります。さらに、往復券を購入すると割引となるサービスもあります。価格面で非常にお得になるのが格安バスの魅力なのです。

トイレの有無で運行も違う

ウーマン

国内旅行をはじめ、帰省や出張にも便利に使える高速バスは、色々なバス会社が運行しています。特に人気が高い目的地へ向けた便は各社が提供しているため、複数の路線から選べる場合も少なくありません。バスの種類も複数あり、多くの場合最安クラスの格安バスでは、観光バス仕様の車両が使われています。真ん中の通路を境に2席ずつ左右で並び、1列4席といったオーソドックスなスタイルが特徴です。さらに、観光バス仕様の格安バスでも1階建てと2階建てがあり、2階建てなら1階部分にトイレが備わっている車両が多くなっています。1階建ての車両でも後部にトイレを完備している格安バスは数々ありますが、中にはトイレが付いていないタイプもありますので、全車両でトイレがあるとは限りません。格安バスで長距離移動をする際はトイレの有無も重要ですから、車両の仕様や特徴をチェックして、乗車券を購入しましょう。例えば、トイレがないバスではトイレタイムのため、サービスエリアなどへ定期的に立ち寄ります。ところがトイレ付きならその必要がありませんので、10時間の長距離移動という場合でも、サービスエリアへ立ち寄るのは1度程度といった路線もあるのです。この場合、そのほかでは乗務員の交代などを除き、基本的に目的地までノンストップで走るのが特徴になっています。トイレの有無で運行スタイルに特徴が出ることもあるため、夜行の格安バスなど、トイレタイムで頻繁に起こされたくない際は、それを基準に乗車バスを選ぶのもポイントです。

寝ながら移動で時間も節約

玩具のバスト人形

なるべく安く移動したい場合に便利なのが格安バスです。値段に注目するなら車や格安航空会社もありますが、格安バスなら運転が不要で乗り降りも楽なので利便性という点でもメリットは少なくありません。所要時間は掛かりますが、最近は快適なシートが導入されていますし高速道路なら揺れも少ないので快適に過ごすことが出来るのではないでしょうか。東京〜大阪間で新幹線に乗ると13000円程度の料金が掛かることを考えれば、3000円前後で行ける格安バスは選択肢に加えておくべきものだと言えるのではないでしょうか。格安と聞くとサービスが悪いイメージを持っている人もいるかもしれませんが、最近の格安バスは設備やサービスが充実している安心して乗車することが出来ます。座席の並びにはいろいろな種類がありますし、バス会社によっては女性専用車を運行していることもあります。シートは長時間座っても疲れない素材が使われており、リクライニング機能なども向上しているのでとても快適です。また最近は、アメニティが充実していたり飲み物の提供などを行ったりしている会社もあります。さらに発着地点にラウンジがあったり、隣の席を同姓にしてくれたりなどの配慮などもあるので、女性のひとり旅でも安心して利用することが出来ます。所要時間がネックになる格安バスですが、時間帯によっては寝ながら移動することも出来るので時間を節約したい人にもおすすめです。便利になっている格安バスを活用すれば、お金と時間を節約しながら旅することが出来るでしょう。

安い費用で利用出来るバス

車内

格安バスが安い理由は、大勢の人を乗せることでみんなでバス代を割り勘にするのと同じことでそれで安く利用することが出来ます。その他に格安バスのネット割引や早期割引サービスなどもあるので活用しましょう。また、格安バスといっても設備は充実しているので安心して利用することが可能でしょう。

もっと読む

快適な空間のバスが登場

乗客

夜間や昼間に安い価格で運行するバスが格安バスです。バス会社の価格競争により、片道2000円台のバスも登場する一方で、料金は上がるものの、シートの数が少なくゆったりとした車内や心地よい眠りを実現するような設備のバスも登場しています。

もっと読む

気を付けましょう

バスの人形と模型

格安バスの需要が増えてきています。安ければ窮屈というイメージがあるかもしれませんが、昼夜など自分に合った移動時間を考えたり、スペースのゆとりの違いもある3列4列シートなどの知識をもって事前からの準備をしておけば快適に過ごせる事もできます。

もっと読む